2009年01月28日

冷え症に効果のある簡単食材

冷え症さんは、サラダやフルーツ食べ過ぎると益々冷えますよね。

冷え症でも食べたいものは食べたい。

私の場合 どうしても食べたかったら食べます。

どこでバランスをとるかと言ったら 飲み物。

お味噌汁だったり紅茶だったりドレッシングに生姜を使います。
赤唐辛子も使います。

赤唐辛子は胃腸が弱っている時は痛いので注意が必要ですが
生姜はおろしたり針生姜にしたりして
その都度生のものを使っています。

純度の高いハチミツに生姜のスライスを漬け込んで
それをお湯で溶いて飲むのも美味しいですよ〜〜〜


イタリアの農園で、オーガニックハーブから採集された天然のハチミツ。ミネラルやビタミンが豊富なうえ、ハーブの種類によって独..

ニュージーランドでしか採れない
噂のはちみつ、マヌカハニー




お豆腐は体を冷やす食材ですが
湯豆腐にして もみじおろし 生姜 七味 で食べると
汗をかけちゃうぐらい体がぽかぽかになります。

お野菜たっぷりの鳥つくね鍋もいいですね!

ここで是非ご紹介したいのがラー油

久米島の特産を贅沢に使ったラー油です。



普通のラー油は赤い油ですが、
これはもう凄いです。
カーっと燃える程に美味しいです!!!

お味噌汁に入れて飲むとぽっかぽかですよ〜〜〜


posted by 虹子 at 19:37| 東京 ☁| Comment(1) | 冷え症に効果のある食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

冷え対策 室内履き選びの基準

本日は、虹子の使用中冷え症対策グッズの一部を紹介します。

suripon.jpg

雪昨年、冬に備えて新調した室内履き2足ぴかぴか(新しい)

右も左も洗濯機でガンガン洗って交互に履いています。
靴下を履いてからこの室内履きを履いていますが、
お風呂上りは裸足で履いてしまうし、
靴下は毎日洗うでしょう?

室内履きも洗えないと、気持ちが悪いし不衛生。

洗うと気持ちが良いし、清潔だしで一石二鳥です。

左の室内履きの時は、マシュマロハイソックス
もしくはレッグウォーマー併用で
足首を冷やしすぎないよう注意します。

両方1500円〜2000円の間のお値段で
ブーツのほうは 実は外用として売られていたもの。
重宝しまくりです♪

今は遠赤外線ものがあったり色々ですが
フローリングの足底からの冷え対策を怠ると
せっかくの足湯効果も素早く消えてしまいます。

絨毯敷きや畳のお部屋でも、底が布地の室内履きを使用して
なるべく体温を逃がさないよう気をつけましょう。

暖房器具は 遠赤外線のものが冷えを包むように温めてくれます。
虹子はハーバーランド使用中!
帰宅直後はガスファンヒーターで室内を暖めますが
22度になったらすぐに止めて
遠赤外線のハーバーランドを4か5ぐらいの設定でつけています。
寒いところへ移動しても 体が冷えるスピードが
ガスに比べて、電気とは比較にならないぐらい緩やかです。

ハロゲンヒーターは、あの赤い光の出ないタイプならお勧め。
あの赤い光はちょっと目に悪いような気がして・・・
嫌いでなければお勧めですが、足元だけの小さいタイプを
テーブルやデスクの下で使うのが良いかもしれませんね





参考までに☆

一度履いたらもう病みつき!?
マシュマロ感覚のふんわりソックス

伝統の播集織で作られた室内履き!
足元ポカポカ快適に☆

前開き紐結びのニット×ムートンブーツ♪
内側はモコモコしているので、冬でもポカポカ♪

寝るときも使えるあったかお部屋ブーツ☆
天使の羽で足元ポッカポカ!

ずぅ〜っと暖ったか。
ふかふかボアの蓄熱ブーツ

寒い季節はお部屋の中にいても足元が冷えますね。。。
そこで女性の見方が参上です。これなら寒い季節も悪くないと思ってしまう..


温かい足元でお部屋快適!
なんとも心地よい天然亜麻の種子とラベンダーで癒されます。

新発想★
遠赤外線おうち用スリッパがあれば
冷えなんて怖くない!

あなたに合わせたヒーターの形で
心地よく芯からポカポカ


posted by 虹子 at 18:46| 東京 ☀| Comment(0) | 冷え症に効果のある食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

半身浴をする為の体作り 足湯編A

今日も寒いですねー

最近楽チンでよく履いているのがレギンス。

遠赤外線もののシンプルタイプがお気に入りです。

他にも裏起毛の分厚いタイプがあったりして
そこに中綿入りのブーツを合わせて外出しています。

便秘気味の時は夏でも仙骨の上あたりにくるよう
レギンスや腹巻などのお尻部分にカイロを貼っているのですが
仙骨の部分には神経が集中してあるので
温めておくと血液の循環も良くなって
腰痛や冷えにも良いそうですよ!

そうそう 腹巻は必須アイテムです。


呼吸する新繊維採用!
ホカホカ・サラリ・肌にやさしい腹巻

成型編立シルクゲルマ快適腹巻(ピーチ・M)

天然シルクのフワフワ
優しい肌触りでおなかもポカポカ

天然ミネラル鉱石+ロンウェーブ
遠赤外線効果のWパワー

ホルミシス+ゲルマニウム+セラミック!
トリプルパワーのゲルマ腹巻!

伸縮性の高い素材なのでメンズでもレディースでもOKです。洗濯しても半永久的に効果が持続するのでとても経済的です。身体につけ..



虹子は多種多様の腹巻を持っているのですが、
ゲルマニウムはなんとなく外せません。

寝る時はシルクの腹巻を必ずしています。

基本的には肌に負担の少ない素材を中心にしていますが
カイロポケットがついていると 万一見えても恥ずかしくないので
冬場はポケット内にカイロを貼り付けて使っています。

カイロをしてもこもこブーツに遠赤外線レギンスで出掛けたとしても
外出から帰宅してみると
冬は特に 足先からコチコチに冷え切っていますよね。

足首のちょっと上までの足湯に慣れてきたら
今度はふくらはぎ半分までの足湯
そして膝小僧までの足湯にチャレンジです。

いよいよお風呂場に場所が移りますよ〜

お部屋では自由にテレビや本を見ながら出来ても
浴場に移るとなかなかそれも難しいですよね。

暇なのが苦手な方は
お風呂でOKのラジオ・テレビ・CD、携帯、
湿気を吸ってもあきらめられる本を持参で 始めます。

浴槽の淵に腰掛た時
(風呂蓋に腰掛けても大丈夫であれば風呂蓋に腰掛て)

もしくはお風呂用の椅子で高さのあるものを浴槽に入れて座った時の
ふくらはぎの高さまで、熱さを感じる程度のお湯を入れます。

ここでもリタイア防止に換気扇はフル回転

腿から上はきちんと防寒した上で
お風呂場の温度が低くならない程度で
湿度がこもらないよう注意します。

あとは 足首までの足湯同様
お湯の温度が感じなくなったら追い炊き
もしくはお湯を足すことを繰り返します。

膝上がほんのり赤くなるまで
ハアハアせずに温めることができれば
上出来です。

ここでも 膝上がほんのり桜色になる時間が短くなって
ハアハアせずに楽々出来るようになったら 次のステップです。

冷え症が軽ければ もしくは早く治るタイプの人は
膝までの足湯で汗がかけますよ!

☆ポイントは、お風呂の蓋をできるだけ閉めて
 湿度がもわもわとのぼらないようにすることです。

☆ペパーミントのアロマオイルを5滴〜10滴
 目がシバシバしない程度の量を注意して垂らすと
 ハアハア防止&より温める作用が高くなります♪
 (ハッカオイルでもOKです)








2009年01月23日

冷え症改善への道 足湯


半身浴大好き !

をいっぱいかいてリフレッシュするの黒ハート

そんな風に言える人がどれだけ羨ましかったことか。


今でこそ岩盤浴などと言うものが出来ていますが
私の青春時代はそんなものはなく
どこぞに旅行に出た際の大浴場にあるサウナが
岩盤浴に一番近い代物だったと思われます。

まず 貧血で不整脈で汗を殆どかかない体質である私の場合
湯船に5分10分浸かることはかなりの体力を消耗し
たいてい湯あたりなのか 息があがって貧血状態になります。
目の前真っ暗になって嘔吐なんてザラでした。

なので 温泉いきたーい とかいう感覚一切なし。

全然気持ち良くないしリフレッシュしないから。

でも、毎日のシャワーは絶対します。
どんなに熱があってもシャワーをかかさないので
両親には鬼のような形相で怒られる少女時代でした。

今は死語になっていると思いますが
「朝シャンで死ぬよ!!」と怒鳴られてました。


そんな私が体質改善に意欲を燃やしたきっかけは 結婚

冬、室温が30℃にも関わらず、
寒い寒いとガスファンヒーターの前から動かない私。

いつも夫が帰宅すると熱帯のような室内で
まだ寒いと背中を丸めている私がいる。

夫は私に「異常だよ」と困惑し
異常なガス代に対してより
私に対して「どうにかしたら!?」と
医師同様に半身浴を勧めてきたのでした。


ということで 半身浴の慣れ方を紹介したいと思います。

でもね、私は 半身浴もできないので
半身浴に耐えうる体を作ることから始めないといけませんでした。


まずはお金をかけずに開始。
いつでも始められていつでもやめられるスタンスで。
但しガス代とか電気代や水道代はかかるけど・・・


ステップ1足湯


私同様に貧血で汗をかけないタイプの人は
湿度でリタイアしてしまうことも多いと思います。

そうでなくとも湿度が高いと
余計にハアハアしちゃいますから
お部屋で足湯から始めてください。

洗面器はすぐ冷えるので バケツ
もしくは保温に優れた容器で足の入るものを用意。

お湯の温度は40度前後(冷え症の人には十分熱い)
(寒い季節は熱いと感じる温度から開始してください)

お湯は足首 くるぶしの4本上まであるのが理想ですが
くるぶしの上までは必ず来るようにしてください。

お湯の熱さを肌に感じなくなった時点で
すぐにお湯を新しいものに取り替えます。

お湯取替えの際、いちいち足の水分はきちんと拭いて、
裸足でフローリング等を歩かないよう
スリッパ等を必ず履いて下さい。

繰り返していると
赤い靴下を履いているように
湯に入った部分の肌色が変りますが
その靴下的肌の境目がぼやけるぐらいまでやれるとベストです。

足湯でふくらはぎまでが温かく感じたら終了。


お湯の取替えが、最初に比べて格段に少なくなったら
次のステップです。

☆ポットのお湯を使うと面倒さが倍増なので
 お風呂を温度高めに入れておいて
(もしくは残り湯追い炊き)足湯に利用すると良いですよ。

一人暮らしの場合はユニットバスに高温でお湯を3分の1ほど張って
そのお湯を適温になるよう水と混ぜて使うと良いです。


お湯を改めて沸かしたり
シャワーで適温になるのを待つ余裕は
この段階では有り得ません。

次の準備の間に冷えが戻ってしまいます。

お湯は確実に確保して始めてくださいね!



今は便利なものも沢山あるので、
こういうものを購入しても無駄にはならないと思います。

が、まずはお湯の気持ち良さから始めるのがお勧めです。

パワーヒーター内蔵だからお湯がずっと温かい!
足湯と足裏マッサージが一度に楽しめます♪

コンパクトサイズでもしっかり温まります。

大好評★「エコ湯〜ゆ愛」が
足暖器になりました!
冷える足元もポッカポカ♪














広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。