2009年03月12日

花粉症 薬を使わずかわすには!?アレルギー検査の正しい見方

おくりびと、もう観ましたか?

私はまだです。
でも 小説のほうを読みましたよ。

原作というか 
おくりびと のきっかけとなったほうではありません。

ヒントを得ただけであれを原作と言うにはちょっと。。。
著者が断ってくださって良かったと思うのは私だけ?

さて 映画版の小説は1時間もあれば読めてしまう
とってもシンプルで短いお話です。

でも さらっと最後に涙しちゃいました。
これは絶対 DVDになったら観よう と思いました。

さてさて 来週末には桜が咲き始める東京ですが
昨日死ぬほどくしゃみとはなみずに見舞われて
目からはとめどなく涙が溢れた虹子。

風邪か花粉か見極めが難しいところですが
涙のような鼻水が知らずに鼻から出てたら花粉症です。

風邪の鼻水は粘度があって、
一応鼻の穴で留まろうとしてくれます。
なので 鼻が出てるかも 等と気づくのですが
アレルギー性の場合、下を向いてたら涙のように
ぽた! と水滴が落ちてきて 何事?と思ったら
あらまあ 自分の鼻の穴からじゃーありませんか って感じです。

とはいえ アレルギー症状には色々あって
それこそ風邪のような症状が出る人もいれば
わかりやすく発疹やかゆみ、赤くなるなどの見た目症状まで
本当に千差万別なのです。

ちなみにアレルギー検査をしたところで
確実にその年そのアレルギー症状が出るわけではありません。

Ige という値を調べて その値が高ければ
その時点では あまりアレルギーに対して過敏にならずに済みます。

虹子の場合、花粉の中にはそれこそ基準値の1500倍はあろうかという
アレルギー数値がザラに出てたりするのですが
Ige値を底上げする努力をするようになってから
深刻なアレルギー症状を回避することが出来るようになってきました。

そこでまたアダモ博士のリポートが出てくるわけですが
(血液型と人種別お勧め食品と避けるべき食品)
食品のアレルギーを見ると、ほぼ合致しているんです。

例えば 青魚でアレルギーは出るけれど
何故か 鰯やさんまでは出ない。
すると 鰯はOKに分類されているけれど 鯖はNG 

    納得! みたいなね。


花粉症を抑えるには 甜茶の他に
今、乳製品を摂取することも良いとされていますが
この乳製品も私にはNG.

以前ヨーグルトダイエットが流行したのを覚えてますか?
あれやって物凄いことになりましたよ私。
アダモレポートで納得しました。

じゃあ一体虹子は何で改善させているかというと
今のところ、玄米酵素なわけです。
色々種類があるのですが、 私の場合 ハイゲンキ
これが一番お手ごろなのと、信頼性もあるので飲んでいます。

とにかく免疫力を高めるには 体を温めること
そして 健康な内臓を維持すること なんです。

表面的に取り繕う薬に頼っていては
毎年毎年同じことの繰り返しですし
薬には副作用があるのが常です。

なるべく薬を使わず 健康を維持することが
若さを保つ秘訣でもあるんですよ〜



ところで 花粉症になったかもと思ったらまずすること
それは 鼻うがい。

鼻うがい知ってますか?

用意するもの

一度煮沸した水(35度前後の白湯が一番)
ミネラル塩 ひとつまみ(岩塩)
マヨネーズ、ドレッシング等の空いた容器

これだけでOKなの。

一度煮沸した水を使う理由は
水道水だとカルキで鼻の奥がツーンとするから。

ミネラル塩の理由も同様。
食卓塩なんか使ったら 多分目が潰れるほどツーンとすると思う。

マヨネーズ ドレッシングの容器は
手でぐーっと絞れて 液体が鼻の奥まで届きやすいから。

プロはコップで出来るんだけど
虹子は断然ドレッシングの容器派です。


ミネラル塩を入れた容器に
お湯を注いでよく振って塩を完全に溶かし
人肌になるまで待って始めると 一番簡単ですよ。



方法

鼻で息を吸い込みながら
片方ずつ 塩水をすーっと吸い上げます。
片方5回ずつ 3セット以上やってください。

吸い上げた塩水は口から吐き出すこと。
絶対飲まないで。
鼻水飲んでるのと一緒だから。

片方5回 3セットには意味があります。

鼻は鼻の穴から喉に通じる道だけではなく
副鼻腔というところもあるのです。
片方5回ずつ 3セットもすると
緑色の細い膿が出てきたりもしますからね。

慣れるまではむせてしまうかもしれませんが、
気分爽快 鼻づまりの人は顔色が明るくなったりすることも。

ミネラル塩と煮沸後の白湯を使えば決して痛くないので
是非チャレンジしてみてください。

posted by 虹子 at 20:38| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。